広告-レスポンシブ

広告 無線

UV-K5(8)がやってきたので、Macでごにょごにょ

AliExpressでUV-K5(8)を購入。注文から年末年始を挟んで13日で手元にやってきた。

そのままだと違法無線機な訳なので、ファームウェアを書き換え広帯域受信機として活用するのである。
ファームウェアは色々あるようだが、日本語に対応したここのファームウェアを入れることにした。
ファームウェアの本体への転送は、Windowsしかできないと思い込んでいたが、「安心してください、Macでもできますよ。」
Macには転送ケーブルのドライバを導入。

そしてオンライン転送ページからファームウェアを書き込む。ここで注意したいのはブラウザ。標準のSafariでは無理で、Chromeを使用する必要がある。

当初、Windowsが必要だと思っていたので、VMWareとかParallelsを使おうと画策していたが、両者ともUSB-シリアルはうまく扱えなかった。そもそもVMWareは、ポートをMacのシリアルポートに割り当てる機能がないし、Parallelsでも割り当てそのものはできたもののデータ転送されている気配がなかった。こういうことが判明したのは別の意味で収穫だった。

受信機に変身したUV-K5(8)に手持ちのアンテナを接続するために、SMA変換コネクタを購入。

本体とアンテナ間が不自然だけど仕方ない。

受信感度はそれなり。FMラジオも聴ける。 しかし、この液晶は目に優しくない。しばらく見ていると目に残像が残り、目がチカチカしてくる。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

スポンサーリンク

-無線