広告-レスポンシブ

Apple

AirPods Proのようなものを使い倒す

 毎日通勤時にiPhoneで音楽やPadCastを聴いている。今までのBluetoothイヤホンをニセAirPods Proに変えて使ってみた。
 なお、本物のAirPods Proを持っていないので、深い比較はできないのはご容赦願いたい。
 さて、今までは左右がワイヤードのイヤホンだったので、このような完全ワイヤレスイヤホンは初めてである。
 Bluetoothイヤホンとしては、特に問題は感じられない。
 一度だけ片側しか音が出ない現象に見舞われ、再ペアリングを余儀なくされたが、この現象は本物でも発生している現象なので、気にしない。
 一番試してみたかった評判のノイズキャンセリングは動作しなかった。設定では、ノイズキャンセリングできそうな感じで選択も可能だが、選択しても聞こえてくる音に何の変化もない。

 よく見たら、コントロールセンターのアイコンがAirPodsになってるような気がする。ソフト的にはAirPods Proと認識されているが、ハード的にはAirPodsとして認識されているってことか。Proの機能が使えないのは残念だが、その他のソフトウェア的な機能はAirPods Proとして使えるのは、いい感じである。
 普段通勤でMusicを再生しているが、会社に到着した時点で、耳から外してケースに入れる。(音楽は停止する。)帰りにAirPods Proを耳に入れたら、音楽が続きから再生される。

 iPhoneとiPadの切り替えがうまくいかない。
 コントロールセンターから出力先をAirPods Pro側に切り替えるのだが、そもそもAirPods Proが選択肢にない。
 仕方がないので、先に使っていた側の接続を解除して、後に使う方で手動接続している。
 やはり偽物の限界を感じてしまうのである。

Apple AirPods Pro

Apple AirPods Pro

27,859円(08/07 17:50時点)
Amazonの情報を掲載しています

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

Apple AirPods with Wireless Charging Case (最新モデル)

23,815円(08/07 01:47時点)
Amazonの情報を掲載しています

スポンサーリンク

\この記事はどうでしたか?/

-Apple

© 2020 イエスタディズ Powered by AFFINGER5