広告-レスポンシブ

過ぎ去りし日々

RIKEN圧力鍋のパッキン

RIKEN
RIKENの圧力鍋VR-600。購入してからもう20年近くになるが我が家ではまだまだ現役で活躍中である。
中が見えるガラス窓付きで重宝している。本体は頑丈で壊れる気配はないのだがパッキンが劣化してきて、最近は蓋が閉まりにくかったりうまく加圧されなかったりしてきた。
流石に20年も前の商品の保守部品は無いかなと思っていたら、購入の手がかりを見つけた。

RIKENの圧力鍋は昔リコールもあったりして大変だったようで、その業務は理研総合サービスというところに引き継がれていた。
ダメ元で電話連絡したところ、パッキンはまだ購入可能であった。パッキン代1575円+送料250円で、振込用紙と一緒にパッキンが送られてくる。
これでもう20年闘えそうな気がしている。

※本記事は2013年10月20日に書きました。

スポンサーリンク

\この記事はどうでしたか?/

-過ぎ去りし日々

© 2020 イエスタディズ Powered by AFFINGER5